Let's Enjoy English

英会話の勉強法 英会話スクールについて オンライン英会話 英会話と子 英会話カフェ
   

 

英会話を上達させる秘訣

自分にあった教材選び

英会話を上達させるには、教材選びも大切なポイントです。 ”教材”を選ぶときには、自分自身の実力を把握して選ばなくてはなりません。英会話教材は、ほとんどの場合、使用対象者が決まっています。 ”初心者向け”の教材では、上級者にとっては少し簡単すぎてしまいますし、上級者向けのものを選べば、初心者には、難解すぎて使いこなすのは難しいでしょう。ですので、ご自分のレベルに合った教材を選ぶことが大切になってきます。では!教材を選ぶときのポイントを紹介してみます。まず、英語を学ぶ為の目標を見極めましょう。そして、その目標に合った教材を選びます。例えば、欧米の大学へ進みたいのであれば、あちらで勉強したい分野の英語に関する教材を選びましょう。自分が興味をもてるのであれば、意欲的に取り組めることでしょう。目標が達成できるような教材を選ぶことが重要です。又、自分がみて、内容が面白い、と感じた教材を選ぶと楽しく学習できますし、集中力も湧いてきます。教材選びをするときには、英語はすぐには話せるようにはならないということを心に留めておいてくださいね。また、学習計画をたてることも大切になります。出来ることなら「数年単位」で計画を立てましょう。教材はこれから長い間使うことになりますので、その教材が、自分の生活に合っているかどうか、確認してから購入するようにしましょう。 

英語(リスニング)勉強法

まず、初心者のあなたは、基本英語全体の実力をつける必要があります。初級レベルの方の場合、『どんなに英語を聞いてもうまく聴きとれないなー』と思っていませんか?これは、リスニングが弱いわけでなく、”語彙力”が充分理解出来てないことが原因なのです。また、文法の知識も少ないことなども原因の一つとなります。普段では聞かない英単語を聴き取ることは難しいものです。文章を読んでみても分からないのに、聞いたって分かるはずがありません。ですから、英語力を伸ばすために基本の英語全体を知ることが必要なのです。初級レベルの勉強方法は、第一に、”発音”を”理論的”に学習してみることが大切です。しっかりした発音が出来てくれば、リスニングも理解できるようになってきます。「リピーティングとシャドーウイング」という効果的な勉強方法もあります。これは、耳から入る英文を、出来るだけ正確に真似をするというものです。聞きていてすべてを理解しなくてもいいんです。相手が何を言いたいのか理解できれば十分に効果が出るという方法です。
次に、中級レベルです。中級程度のレベルに達するには、話している内容をより詳しく、正確に聞き取れるようにしましょう。 その、勉強法としては、リーディングとプラスアルファで勉強することです。例にするなら、英字新聞を読んだ後、英語のニュースを聞いてみましょう。最初に、ニュースの内容が分かっていれば、聞き取りもすんなり聞けると思います「聞く早さ」。逆な発想で、耳でニュースを聞いてから新聞を読むようにすると、「読む速さ」が速くなります。そして、ここまでレベルが上がっていれば、”生の英語”と触れ合うとより英会話が理解できるようになります。 洋楽映画やテレビドラマやニュース、などを教材にしてしまうという手もありますよ。その場合は、毎日決まった時間に”聴き続けること”が大切です。

スピーキング勉強法

まず、初心者の人は、口に出して英語に慣れることを目標にします。読むときには、”声”に出してしゃべることが大切です。この段階では、まだ、間違っていても大丈夫です。気にせずにどんどんしゃべりましょう。でも、「毎日読む」事はかかさないよいうに!習慣にしてしまうことが大事です。(出来れば、早い段階で”発音”を身につけるておくとあとで楽になります。)ネイティブの人には、発音が間違っていると、伝わらないこともあります。せっかく苦労して覚えるのですからシッカリとした発音で覚えましょう。でも、この段階では、「発音しにくい単語」は、無理に覚えなくてもいいです。 自分が覚えやすい単語から始めてみましょう。中級レベルのあなたは、長い文を積極的に読むようにしてみてください。また、相手が聞き取りやすくなるよう考えながら、”音”や”リズム”に強弱をつけて発音することをおすすめします。このレベルまできたら、自分の考えを英語で表現できるように練習するのも良いと思います。

口に出して練習

「英会話」を上達させるコツはなんといっても、「声に出して練習すること」が一番効果的です。実は、英語を勉強している人に、最もたりないことが、この英語を”口から声に出して練習”することなんです。英語を聞いたり、単語の意味を調べたり、読むことは、比較的一生懸命やるのですが、実際に口を動かして練習することはおろそかになりやすいみたいです。英文を4,5回口にしても、まだまだ足りません。本当に英会話がで出切るようになりたいあなたは、”口の筋肉”を動かすことが重要です。口から出して英会話を練習を時には、モデルとなる音声を用意しておくといいです。 ”モデル音声”を聴かないで、音読すると今までの聞きなれた英語がフィードバックされて、これから始め本当の英語のリズムが狂ってしまいます。特に「カタカナ英語」など自己流の英語が身についている人は、それをすべて忘れてから音読しなくてはいけません。
音読練習は、毎日少しずつで結構です。口から出す練習方法は、まず”テキスト”と”モデル音声”のメディアなどを用意してください。まずは、英文と日本語文を読みましょう。そうすることで、練習する内容を頭に入れておく事ができます。そして、「ワンセンテンス」を流したら止めまましょう。この段階では、テキストはまだ見ません。 そのセンテンスを繰り返して言ってみます。 ”スムーズ”に言えたら合格ですが、繰り返せなかった場合は、再びテキストを見て確認してください。そして、口に出して練習してください。このとき、リズムとイントネーションを注意して聴きましょう。このように、”ワンセンテンス”を繰り返すことで練習してみて、最終的には、全体を音読してみましょう。このときに、頭の中で「モデル音声」が自分の頭に流れてくるようなら、完璧。モデル音声をシッカリ頭に叩き込んだ証拠なのです。このような”地道”な練習をどのくらい行ったかで英会話の上達に違いが現れてくるものです。

最終更新日:2016/7/8

 

Copyright (C) 2008 Let's Enjoy English. All Rights Reserved.